国会の動き

雇用保険法の改正案、衆院を通過

パートやアルバイトなど短時間労働者の雇用保険への加入を推進する雇用保険法の改正案が11日、衆議院本会議で可決され、参議院に送られました。

雇用保険の適用範囲を週の労働時間「20時間以上」から「10時間以上」に拡大し、教育訓練やリスキリング(学び直し)支援を充実させるため、失業給付の給付制限期間を短縮したり、教育訓練給付金の給付率引き上げることなどを盛り込んでいます。
 

改正の趣旨
・多様な働き方を効果的に支える雇用のセーフティネットの構築
・「人への投資」の強化等のため、雇用保険の対象拡大
・教育訓練やリ・スキリング支援の充実
・育児休業給付に係る安定的な財政運営の確保等の措置を講じる

 

厚生労働省の第213回国会(令和6年常会)提出法律案の「概要」より

厚生労働省: 雇用保険法等の一部を改正する法律案(令和6年2月9日提出)

概要 | 法律案要綱 | 法律案案文・理由 | 法律案新旧対照条文 | 参照条文

衆議院 議案情報

閣法 第213回国会 10 雇用保険法等の一部を改正する法律案

「セキュリティー・クリアランス」法案、衆院を通過前のページ

ワシントンで日米首脳会談次のページ

関連記事

  1. 国会の動き

    「セキュリティー・クリアランス」法案、衆院を通過

    経済安全保障上、重要な情報へのアクセスを国が信頼できると認定した人に限

  2. 国会の動き

    物流の2024年問題に対応する改正法が成立

    物流の2024年問題への対応を盛り込んだ改正法(流通業務の総合化及び効

  3. 国会の動き

    「共同親権」導入を柱とした民法改正案、衆院を通過

    離婚後は父か母いずれかの単独親権という規定を見直し、父と母双方が子ども

最近の記事

関連リンク

公式SNSアカウント

PAGE TOP