府省庁の動き

全国の空き家900万戸、30年で2倍に

総務省が4月30日に発表した、2023年(令和5年)の住宅・土地統計調査 住宅数概数集計(速報集計)結果によると、全国の空き家は900万戸となり、2018年と比べ51万戸増加して過去最多となりました。総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.8%で、こちらも過去最高でした。
空き家の数は一貫して増加が続いており、1993年から2023年までの30年間で約2倍となっています。
 

総務省の資料より引用

関連リンク

令和5年住宅・土地統計調査 調査の結果調査結果の概要など。総務省統計局

政治・政策カレンダー 2024年5月の予定前のページ

育児・介護休業法などの改正案ほか、5月7日に衆院を通過した法案次のページ

関連記事

  1. 府省庁の動き

    マイナ保険証の利用率、4月は過去最高の6.56%

    厚生労働省は15日に開かれた社会保障審議会の医療保険部会で、マイナンバ

  2. 府省庁の動き

    去年の合計特殊出生率、過去最低の1.20に

    厚生労働省が5日に発表した2023年の人口動態統計(概数)によると、1

  3. 府省庁の動き

    日本の総人口13年連続減、75歳以上は2000万人超え

    総務省が12日に公表した人口推計によると、2023年10月1日時点の日

最近の記事

関連リンク

公式SNSアカウント

PAGE TOP