府省庁の動き

日本の総人口13年連続減、75歳以上は2000万人超え

総務省が12日に公表した人口推計によると、2023年10月1日時点の日本の総人口(外国人を含む)は前年比59万5000人(0.48%)減の1億2435万2000人となり、13年連続で減少しました。

出生児数から死亡者数を引いた自然減は83万7000人で、17年連続の減少となり、減少幅も拡大しています。

総務省統計局の資料より引用


 

15歳未満の総人口に占める割合は11.4%で過去最低、75歳以上の人口は初めて2000万人を超え、総人口に占める割合は16.1%で過去最高となりました。人口が増加した都道府県は東京だけとなっています。

 

年齢別の人口の内訳
・15歳未満
1417万3000人。前年比32万9000人減で、割合は11.4%で過去最低
・15~64歳
7395万2000人。前年比25万6000人減で、割合は59.5%
・65歳以上
3622万7000人。前年比9000人減で、割合は29.1%で過去最高
・75歳以上
2007万8000人。前年比71万3000人増で初めての2000万人超え。割合は16.1%で過去最高

 

総務省統計局の資料より引用


 

総務省統計局の資料より引用


 

人口推計(2023年(令和5年)10月1日現在)

総務省統計局 – 人口の推移、結果の概要など。

関連リンク

2023年の日本の総人口 前年より60万人近く減少と推計 総務省 – NHK(2024年4月12日)

ワシントンで日米首脳会談前のページ

4月の世論調査 – NHK、時事通信、共同通信次のページ

関連記事

  1. 府省庁の動き

    マイナ保険証の利用率、4月は過去最高の6.56%

    厚生労働省は15日に開かれた社会保障審議会の医療保険部会で、マイナンバ

  2. 府省庁の動き

    全国の空き家900万戸、30年で2倍に

    総務省が4月30日に発表した、2023年(令和5年)の住宅・土地統計調

  3. 府省庁の動き

    去年の合計特殊出生率、過去最低の1.20に

    厚生労働省が5日に発表した2023年の人口動態統計(概数)によると、1

最近の記事

関連リンク

公式SNSアカウント

PAGE TOP