その他

20年ぶりの新紙幣、流通開始

20年ぶりとなる新しい紙幣(日本銀行券)の発行が3日から始まりました。

1万円札には「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家の渋沢栄一、5千円札には日本初の女子留学生で女子英学塾(現津田塾大学)を創立した津田梅子、千円札には細菌学者の北里柴三郎がデザインされています。裏面には1万円札が東京駅・丸の内駅舎、5千円札は藤、千円札は富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が印刷されています。

新紙幣には3Dホログラムなどの最新の偽造防止技術が施され、アラビア数字の額面表示を大型化するなど誰もが利用しやすいユニバーサルデザインも導入されています。

日銀の植田総裁は、日銀本店で開かれた式典で「本日、1兆6千億円の新しい日本銀行券を、世の中に送り出す予定です。キャッシュレス化が進展していますが、現金は誰でも、いつでも、どこでも、安心して使える決済手段であり、今後とも、大きな役割を果たしていくと考えられます。新しい日本銀行券が、国民の皆様のお手許に広く行き渡り、わが国経済を支える潤滑油となることを期待しております」とあいさつしました。

関連リンク

新しい日本銀行券特設サイト – 新紙幣の特徴、3人の人物紹介。国立印刷局
新しい日本銀行券の特徴 – 偽造防止技術やユニバーサルデザインの解説。日本銀行
改刷・改鋳 – 新紙幣と現行紙幣の比較など。日本銀行
日本のお金 – 現在発行されている銀行券など。
岸田総理・植田総裁の共同記者会見(7月3日) – 日本銀行

デジタルプラットフォームの透明化に関する2024年度の初会合前のページ

「国際収支から見た日本経済の課題と処方箋」報告書次のページ

関連記事

  1. その他

    日銀、マイナス金利政策を解除

    日本銀行は19日の金融政策決定会合で、マイナス金利政策を解除し政策金利

最近の記事

関連リンク

公式SNSアカウント

PAGE TOP